収入を増やす方法
  1. Top
  2. » 債券投資

債券投資で収入を増やす方法①





債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的に安定的な収入が期待できます。

債券とは、国や地方自治体、企業などが投資家からお金を借りるために、利率や利払日、額面金額、満期日などの条件をあらかじめ決めて作られる有価証券の一種です。


» 続きを読む







債券投資で収入を増やす方法②





債券投資の特徴と魅力

日本だけでなく海外の公的機関や民間企業が発行体であったり、発行通貨が円や外国通貨、満期までの期間が短かいものや長いもの、利率が低いものや

高いものなど、債券の種類は豊富にあり、資金の運用目的に合わせ選択することができるいろいろな種類の債券が発行されています。

債券には満期日が決まっており、満期日までの間に債券の価格が変動しても、満期日を迎えると額面金額が受取れます。(償還)

債券は、発行時に決められている利率に対する利息を、満期まで定期的に受取ることができます(固定金利・利付債)。
また、満期になれば額面金額が戻ってきますので、満期まで持てば確定した利回りが確保できます。
(保有期間中、利率が変動する変動金利タイプの債券もあります。)

債券は、満期まで持たずに市場で途中売却したり購入することができます。
その際は市場価格で売買することになるので、債券価格が変動します。


債券投資のリターン
投資家の利益 = インカムゲイン(クーポン収入) + キャピタルゲイン(償還差益または売却益)

インカムゲインとは、保有中に受取ることのできるクーポン(利息)のことを指し、キャピタルゲインとは、償還時に発生する償還差益(売却の場合は売却益)のことを指します。
償還時には、償還金額よりも発行時(または買付時)に支払った金額の方が高い場合、償還差損が生じ、売却時も同様に売却損が生じることがあります。