収入を増やす方法
  1. Top
  2. » 株式投資
  3. » 株式投資で収入を増やす方法

株式投資で収入を増やす方法





株式投資で儲けが出るときというのは以下の2つです。

①株を売却したときの売却益(キャピタルゲイン)

②配当金が振り込まれたとき(インカムゲイン)


①は買ったときの株価より売却したときの株価が高ければ売却益がでます。
②の配当金は、企業が儲かったときに株主(投資家)にくれる分け前のことです。


株式投資で収入を増やす
株式投資とは

株式というのは、企業が「儲かったら分け前をあげるからとりあえずお金を出してくれ」
というように、お金を出してくれる人を募集しています。
そして実際に企業が儲かったら分け前を株主にだしてくれますが、それを「配当」といっています。
配当は年に1度出す企業もあれば、半期に1度や四半期に1度出す企業もあります。
また、儲かっていない企業は「無配当」といって配当が出ない企業もあります。

株式投資をするということは、その企業の将来性を信じてお金をだすことによって、企業の儲けの分け前をいただいてしまおうということです。


①の株式を売却したときの売却益(キャピタルゲイン)は、売却しなければどんなに株価が上昇しようと儲けることができません。
②の配当金(インカムゲイン)は、配当を出す企業の株式を保有しているだけで配当金が振り込まれます。

逆に株式を売買して損をするときというのは、買ったときの株価より売却したときの株価が低い時に売却したときに売却損がでます。


株式投資は、株価の上昇によるリターン(キャピタルゲイン)と配当によるリターン(インカムゲイン)の2つのリターンをねらうことが可能ですが、「自分の銀行口座に定期的にお金を振り込んでくれる資産を保有する」ということを考えると、あくまでも配当によるリターンを重視した銘柄選びを優先させます。

配当金がザクザク 連続増配株銘柄の選び方